JMS人と醫療のあいだに

英語版

JMS人と醫療のあいだに

  1. TOP
  2. JMSとは

JMSとは、
どんな醫療機器メーカーなのか。
社會に何を提供し、
何を目指しているのか。

設立の経緯は?

ORIGIN

醫療現場を変えたいと願った一人の醫師が起業。

  • 1963年頃、日本の醫療現場では輸血による副作用が多発するようになりました。保存血液に関する研究論文で醫學博士號を受けていた土谷太郎はこれについて獨自の調査研究を行い、原因は輸血セットの再使用から來ていると判斷。アメリカに倣い、ディスポーザブル化を進めることで問題を解決しようと考え、ディスポーザブル醫療機器を製造販売する會社を立ち上げました。これがJMSのはじまりです。

メーカーとして特色は?

APPROACH

つねに現場を見つめ続け、課題解決型の研究開発を実施。

  • 使命感に燃える一人の醫師からはじまったJMSは、機器メーカーでありながら、依頼を受けたモノを開発?製造するだけでなく、醫療現場に常に寄り添い、醫療従事者や患者さんの目線で課題を解決していく姿勢をアイデンティティとしています。製品開発においては、醫療現場の聲を聴き、隠れた課題を発見し、改善していくプロセスを構築。また開発を通じて得られた知見は醫療従事者向けセミナーなどにより現場に還元しています。

どんな技術を持っている?

PRODUCTS

扱いの難しい血液や薬液を
適切にコントロールする
技術などで現場課題を解決。

  • JMSの提供するソリューションは、輸液?輸血に関する分野からはじまり、現在では輸液?栄養領域、透析領域、外科治療領域、血液?細胞領域と多岐に及びます。その課題解決のポイントの一つが標準化。これはミスが許されない醫療現場において、醫療行為が安全に行えるシステムを構築していく改善です。また効率化も重要なポイント。煩雑な醫療現場において、従事者の負擔を減らす工夫により質の高い醫療の維持に貢獻しています。

技術をどう展開している?

GLOBAL

いつでも、どの國でも、
もっと安全で
使いやすい醫療機器を提供するための體制を構築。

  • JMSは1970年代から海外進出を始め、現在では90カ國以上に製品を供給しています。また醫療需要が高まる東南アジアを中心とした各國に生産?営業拠點を持ち、現地で必要とされている醫療機器をよりスピーディーに屆けられる體制を整えています。私たちの「現場ニーズに応じた製品開発?生産?供給」は、活動地域が違えど変わることはありません。今後もさらにグローバル展開を進め、世界に通じる「JMS」ブランドの浸透を図ります。

今後のビジョンは?

VISION

次世代の課題を見つめて、
世界の醫療課題を見つめて。

さらに詳しく知りたい方はこちら

中国女人内谢69XXXX免费视频 <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <网址链> <网址链> <网址链> <网址链> <网址链> <网址链>